中小メーカーから破格の待遇でオファーを獲得


S氏/40代 男性
転職後のキャリア

年収950万円

業種
化学メーカー
ポジション
役員(生産技術)

オファー内容

新商品開発、新規生産ラインの構築、既存ラインの改善 等

それまでの経歴

世界有数の流通企業の日本法人に在籍し、マネージャーとして生産コスト削減に手腕を発揮していたS氏。在籍企業で高評価をされていたS氏が転職活動を始めたキッカケと、その結果とは。




転職のきっかけについて

世界有数の流通企業日本法人において、マネージャーとしてオペレーション管理や生産コストの削減を実現し、高い評価を得ていたS氏。 大企業で、世の中の流通の仕組みを変える仕事にやりがいを感じていた。 一方で、「マネージャーが入れ替わるサイクルが速い」「短期的な成果を要求される」といった海外企業ならではの環境下に、この会社で自身のキャリアを全うするイメージができなくなっていった。 S氏はかつて日系大手電子機器メーカーで生産技術職に従事していたこともあり、外資企業で働くうちに「経営者との距離が近い環境で、中長期的に成果を追求したい。再びモノづくりの世界に戻りたい」と思いが日に日に強くなっていた。 そのような理由から、自ら描く理想のキャリアを実現させるべく転職活動に取り組み始めた。

転職活動について(サービスを知ったきっかけも)

高いレベルでのキャリアアップを望んでいたS氏。 メーカーの生産技術職を希望して求職する中で『転機』を知り登録した。 そして、登録からしばらくして『転機』から紹介されたのは、S氏の外資企業での実績に着目した職種ではなく、かつての大手メーカーでの経験を活かせる日系中小メーカーの案件だった。企業規模が縮小することもあり最初は躊躇したが、実際に経営者との面談を重ねるうち、考えや想いが変化していった。

転職先を選んだ決め手

決め手は面談時に感じた「社長の熱意」だった。 その企業としては破格の年収提示と、役員ポストでの採用という異例の待遇であったところに社長のS氏に対する強い想いを感じたという。また、生産技術のみならず商品開発にも携わることができるため、経験を活かしながら経営に携わり、中長期的に高いレベルでスキルアップができることを確信し入社すること選んだ。 転職を振り返り、「単なる企業規模や条件面だけでなく、しっかりと私自身の今後のキャリアや志向性を理解し適切な企業を紹介してくれたことが『転機』を利用して良かった点でしょうか。転職で企業探しをするうえで、社長の人柄や今後の展望といった表面的な企業情報からでは分からないことも、経営者との直接面談でしっかりと理解できたことも成功の要因だと思いますね」とS氏は語る。

「転機」は経営者との直接面談を実現する
ハイクラス向け転職情報サイトです

無料会員登録

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑