転職コラム

『転機』では、今後の転職活動やキャリアップに役立つコンテンツを随時配信しています。

新着情報

異業種への転職に必要な条件とは?転職状況と異業種でも活かせるスキルを紹介

最近の傾向では転職者の多くが異業種への転職・移籍をしており、求人を行う企業側も異業種人材の採用に前向きです。異業種であっても同じ職種、または、現職と共通点のある職種なら転職しても成功する可能性があります。転職先候補を幅広い業種に設定するメリットは、キャリアの選択肢が増え理想の転職先と出会いやすくなることです。 本記事では2020年〜2022年の転職状況や、異業種でも活用できるスキルについて解説します。異業種・異職種への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

市場価値を診断する3つの方法と価値を高め転職に成功するポイント

転職・移籍で成功するためには、自分の市場価値を把握し、向上させる意識を持つことが重要です。本記事では市場価値を診断する3つの方法と、市場価値を高める5つの方法について解説します。これから転職活動を始める方は、ぜひ、参考にしてください。

【年齢・業界別】マーケターの平均年収と高収入を目指す転職のコツ

マーケターは全体的に平均年収が高い傾向にあり、大手求人サイトや職種別調査によると平均年収が500万〜800万円と紹介されていることもあります。他職種からマーケターへの転身を狙って転職する人も少なくありません。また、現職でマーケティング職に就いている人も、さらなる昇給を目指すなら転職する方が良い場合があります。本記事ではマーケターの業務内容や転職事情を紹介するとともに、マーケターの平均年収を全体・年齢別・業界別・男女別・地域別に分けて紹介します。マーケターとして収入を上げる方法や転職のコツについても解説するので、参考にしてください。

転職エージェントの力を借りる8つのメリットとデメリット・注意点や使う手順

自分に合った転職先・移籍先を見つけたい方や自分のキャリアを生かした転職をしたい方は、転職エージェントを活用する方法がおすすめです。特に、ハイクラス・エグゼクティブが転職するなら、非公開求人を豊富に持つキャリア特化型の転職エージェントを利用しない手はありません。 本記事では転職エージェントの種類や利用するメリットとデメリット、転職エージェントを利用する際の注意点や手順について解説します。

おすすめの
転職・求人特集

海外営業の転職。得られるやりがいや求められる3つの要素とは?

海外営業は、海外市場での販路拡大や販売促進を担当する営業職です。営業のプロフェッショナルとしてのスキルの他、現地への適応力や語学力などが求められますが、新市場を開拓するやりがいや、大きな市場で商品・サービスを展開できる達成感なども得られます。本記事では、海外営業の仕事内容ややりがい・メリットを紹介し、担当者に求められる資質について解説します。

なお、本記事の最後には海外転職でご活躍中の方やご経験がある方が、これまで培ってきた知識やノウハウを活かせる転職・求人案件例を一覧で掲載しております。次のキャリアを模索している方は、ご覧になってはいかがでしょうか。

営業マネージャー・営業管理職の転職で収入アップ・キャリアアップするためのポイント

営業マネージャーや営業管理職は、部署の営業成績の責任者としての役割も多い一方、成果を出すと待遇にも反映されやすいという魅力があります。転職でさらなる活躍の場を求める際は、正しく転職事情を知ることが大切です。本記事では、営業マネージャーや営業管理職の方が会社から求められる役割や、転職時にアピールすべきスキル、高収入やキャリアアップにつながる3つのポイントを紹介します。

50代の転職は本当に厳しい?失敗せずに活躍できる人材の特徴とは

50代の転職は、転職活動の長期化や年収減少の傾向がある一方、管理者・役員といったハイクラス層においては優秀な人材へのニーズが強く、転職に成功している事例もあります。50代の方が転職で成功するには、転職市場の傾向を知り、しっかり備えることが大切です。本記事では50代の転職事情を紹介し、転職先が決まらない理由や解決策、50代の人材を求める動きや成功のポイントを紹介します。

なお、転職で成功するために、「経験豊富な50代の人材が求められている背景」を早くご覧になりたい場合は、"こちら"から該当の箇所にジャンプできます。

法人営業は年齢は関係ない?転職のメリットと求められるスキルとは

企業間の様々な取引を担当する法人営業は、個人を対象とする個人営業とは異なるスキルが求められます。ここでは、法人営業への転職を考えている方のために、その仕事内容や転職するメリットなどを詳しく解説していきます。

他の転職・求人特集も見る

記事コンテンツ

40代での転職は難しい?転職事情と待遇アップ・キャリアアップするためのポイント

40代の方が転職する場合、転職活動はスムーズな傾向があります。年収アップに成功する割合が多く、上位の役職に就けるチャンスも広がります。一方、異なる分野・職場環境で活躍できるのかという心配もあるため、正しく備えることが大切です。本記事では、40代の転職事情を解説し、転職のメリットと悩み・不安、そして失敗しないためのポイントを紹介します。

人事職転職で40~50代が年収増・キャリアアップを目指すには?有利なスキル・経験や転職事情を解説

人事職は、人材採用や人事評価、人材開発などいくつもの業務分野があり、さまざまなスキルや知識が必要とされます。人事職は経営に近く責任も大きい仕事なので、特に40代や50代で転職する場合は高い収入やキャリアアップを目指すことが可能です。ただし、会社によって人事職の業務や役割が異なるため、転職の際はあらかじめ転職事情を知っておくことが欠かせません。本記事では、人事職として40代や50代の方が転職する際に有利な経験・スキルや、成功のポイントを紹介します。

役職定年は何歳から?給与は減る?その実態と転職のタイミングを解説

役職定年とは、一定の年齢に達すると管理職などの役職を解く制度です。役職定年後は所属や仕事内容、収入などが大きく変わることもあるので、働き方ややりがいへの影響は少なくありません。特に40代や50代の方が、今後のキャリアプランやライフプランを考える際は、役職定年で仕事にどのような変化があるのかを知っておくと役立ちます。役職定年をきっかけに転職を検討する方も、転職活動を有利に進めるには活動を始めるタイミングや注意点を知っておくことが大切です。本記事では、役職定年の仕組みや一般的な年齢、給与の変化、モチベーションへの影響などを紹介した上で、転職を考えるならどのようなタイミングが良いのか、メリットとデメリットにも触れながら解説します。

なお、本記事の最後には役職定年を控えている方が、これまで培ってきた知識やご経験を活かせる転職・求人案件例を一覧で掲載しています。次のキャリアを模索している方は、ご覧になってはいかがでしょうか。

異業種への転職に必要な条件とは?転職状況と異業種でも活かせるスキルを紹介

最近の傾向では転職者の多くが異業種への転職・移籍をしており、求人を行う企業側も異業種人材の採用に前向きです。異業種であっても同じ職種、または、現職と共通点のある職種なら転職しても成功する可能性があります。転職先候補を幅広い業種に設定するメリットは、キャリアの選択肢が増え理想の転職先と出会いやすくなることです。

本記事では2020年〜2022年の転職状況や、異業種でも活用できるスキルについて解説します。異業種・異職種への転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

他の記事も見る

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑