2020/09/30

法人営業は年齢は関係ない?転職のメリットと求められるスキルとは

企業間の様々な取引を担当する法人営業は、個人を対象とする個人営業とは異なるスキルが求められます。ここでは、法人営業への転職を考えている方のために、その仕事内容や転職するメリットなどを詳しく解説していきます。

法人営業の転職は難しい?事前に知っておきたいこと

企業間の様々な取引を担当する法人営業は、個人を対象とする個人営業とは異なるスキルが求められます。ここでは、法人営業への転職を考えている方のために、その仕事内容や転職するメリットなどを詳しく解説していきます。

法人営業の仕事・業務内容

法人営業は、企業などの団体を相手にモノやサービスを売り込む仕事です。これまで取引のなかった企業に対する新規開拓営業が主となりますが、既存顧客に対するルート営業の業務もあります。 法人営業は企業間を結ぶ窓口となる存在であり、取引に関しては会社を代表する立場です。個人として商談を進める個人営業とは異なり、企業同士でビジネスを行っているという自覚が必要な仕事でもあります。

転職して法人営業を行うメリット

法人営業へ転職するメリットとして、安定して働きやすいという点が挙げられます。個人営業の場合は、土日に営業先へ出向くこともありますが、法人営業は、基本的に土日が休みの企業が多いです。 プライベートの時間を過ごせますし、仕事と個人の時間をしっかり区別して休養することができます。 また、法人営業は取引相手が企業のため、資金力があり、個人に比べて積極的に契約に動いてくれる傾向があります。契約を取りやすいという点では、精神的に負担が少ないと言えます。

法人営業でインセンティブが大きい業界

法人営業で最もインセンティブが大きい業界が、不動産業界です。不動産営業では、数千万円~億を超えるようなマンションを売ることもあり、1棟成約したことで得られるインセンティブはとても大きいです。 しかし、金額が大きいだけに、取引相手も簡単には購入しないというデメリットもあります。不動産のような高額商品を扱う法人営業で成果を上げ続けるためには、取引相手を納得させられる、それなりの法人営業スキルが必要となります。

法人営業に求められるスキル

法人営業に求められるスキルは次の3つです。 ①論理的思考力 ②情報収集力 ③商材に関する資格や深い知識 取引相手となる企業に対して、どのように利益をもたらすのかを論理的に説明し納得してもらう、論理的に考え課題の解決策を見出すといったスキルも求められます。また、ロジカルシンキングを可能にするには必要な情報を集める情報収集力も欠かせません。 自社の商材に関する資格を持っている、深い知識を持っていることも、相手を納得させる重要なポイントとなります。

法人営業職でのキャリアアップなら『転機』へ

法人営業は、自社の代表としての立場にもなり得る重要なポジションです。転職に関しては、求人数も多いため、「法人営業としてどんな仕事がしたいか」「会社の方針に共感できるか」など、企業研究が欠かせません。 ハイクラス・エグゼクティブの移籍を専門に手掛ける『転機』なら、法人営業をはじめとして、様々なポジションで活躍中の方やご経験をお持ちの方に、これまでの知見やノウハウを活かせる魅力的なキャリアをご提供できます。 ・経験豊富なコンサルタントによるキャリア支援 ・より年収の高い移籍先のご紹介 ・移籍候補企業の経営者との、直接面談が可能 下記では公開可能な案件例を掲載しておりますので、転職をご検討の方はぜひご覧ください。 また、『転機』ではその他にも優良な非公開案件を多数抱えており、会員者様にはご希望やご経歴に合った求人情報を個別にご紹介しております。 ご興味をお持ちいただければ、会員登録(無料)をお願いいたします。ご経歴・ご経験に相応しい案件をご紹介いたします。

会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

法人営業の転職・求人案件例

124
 
 
1

SI・ソフトウェア開発 CMO候補 役員・役員候補 年収3000万円

  • 年収:~3000万円
  • ミッション:CMO候補として、マーケティング戦略の立案・策定だけでなく、マーケティング施策の実行やマネジメント業務などをお任せします。また、ニーズの高まっている海外事業の強化にも携わっていただきます。
  • ミッション:CMO候補として、マーケティング戦略の立案・策定だけでなく、マーケティング施策の実行やマネジメント業務などをお任せします。また、ニーズの高まっている海外事業の強化にも携わっていただきます。

SI・ソフトウェア開発 CTO候補 役員・役員候補 年収3000万円

  • 年収:~3000万円
  • ミッション:CTO候補として、技術戦略および開発方針の策定・実施を担っていただきます。また、技術・開発のトップとしてだけでなく、社長の右腕として事業推進も主導していただきます。
  • ミッション:CTO候補として、技術戦略および開発方針の策定・実施を担っていただきます。また、技術・開発のトップとしてだけでなく、社長の右腕として事業推進も主導していただきます。

不動産(住宅) 常務取締役候補 役員・役員候補 年収2500万円

  • 年収:~2500万円
  • ミッション:今後の事業拡大に向けて、全社的な事業計画の策定・推進を主導していただきます。
  • ミッション:今後の事業拡大に向けて、全社的な事業計画の策定・推進を主導していただきます。

運輸業 副社長候補 役員・役員候補 年収2500万円

  • 年収:~2500万円
  • ミッション:社長の右腕として経営全般をお任せします。社長と共に将来ビジョンの決定・推進や今後の事業を牽引していただきたいです。
  • ミッション:社長の右腕として経営全般をお任せします。社長と共に将来ビジョンの決定・推進や今後の事業を牽引していただきたいです。

化粧品メーカー COO候補 役員・役員候補 年収1800万円

  • 年収:~1800万円
  • ミッション:COO候補として、上場準備および売上100億円達成に向けた施策の策定・実行を担っていただきます。また、新商品の企画、海外事業の活性化や管理部門全体のオペレーション改善もお任せします。
  • ミッション:COO候補として、上場準備および売上100億円達成に向けた施策の策定・実行を担っていただきます。また、新商品の企画、海外事業の活性化や管理部門全体のオペレーション改善もお任せします。

建設・不動産 CFO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:M&A、資産運用、子会社売却、プライベートエクイティなど、今後の積極的な経営を牽引していただけるCFO候補として活躍していただきます。また、数年以内に予定しているIPOの準備・推進もお任せします。
  • ミッション:M&A、資産運用、子会社売却、プライベートエクイティなど、今後の積極的な経営を牽引していただけるCFO候補として活躍していただきます。また、数年以内に予定しているIPOの準備・推進もお任せします。

SI・ソフトウェア開発 コンサルタント その他 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:中堅中小企業対象のシステム部門の業務代行、情報システム事業のコンサルティング。クライアントの課題ヒアリング、施策立案・提案・実行まで、100名前後の企業向けプロジェクトを推進していただきます。
  • ミッション:中堅中小企業対象のシステム部門の業務代行、情報システム事業のコンサルティング。クライアントの課題ヒアリング、施策立案・提案・実行まで、100名前後の企業向けプロジェクトを推進していただきます。

電子機器メーカー CTO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:技術部門の最高責任者として、当社の主力製品であるリチウムイオン電池の研究・開発を牽引していただきます。
  • ミッション:技術部門の最高責任者として、当社の主力製品であるリチウムイオン電池の研究・開発を牽引していただきます。

SI・ソフトウェア開発 CFO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:新たに作成する中期経営戦略をもとにした財務計画の立て直しや、数年後の上場に向けて管理部門の体制を強化していただきます。
  • ミッション:新たに作成する中期経営戦略をもとにした財務計画の立て直しや、数年後の上場に向けて管理部門の体制を強化していただきます。

小売業(日用品) 海外事業責任者 部長クラス 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:海外事業の責任者として、現在日本全国で展開している医療・福祉施設向けの日用品販売事業を新たに海外で立ち上げ、運営していただきます。
  • ミッション:海外事業の責任者として、現在日本全国で展開している医療・福祉施設向けの日用品販売事業を新たに海外で立ち上げ、運営していただきます。
124
 
 
1
  • 業種
  • 従業員数
  • 社長の特徴

 
会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

こちらの記事も読まれています。

転職を決断する際に整理すべき4つのポイントと会社選びに成功する方法

転職ではいくつも悩みや不安があり、決断できない状態が続くこともあります。転職で迷う時は、自分の気持ちの未整理が原因になっていることが少なくありません。決断するためには、希望や不安を洗い出し、仕事の判断軸を明らかにすることが有効です。本記事では、転職前に整理すべき項目と転職を準備する手順、会社選びで注目すべきポイントや転職エージェントを活用するメリットを紹介します。

転職時の経営者面談で成功するポイントは?効果的な逆質問と3つの注意点

転職において経営者面談は、内定を得るための重大な関門であるというだけでなく、経営ビジョンや事業方針に自分が共感できるかを確かめるためにも大切な場です。経営者面談を有意義に行うためには、事前の準備が欠かせません。本記事では経営者面談の意義や会社側が注目している項目を紹介し、効果的な逆質問や注意点、成功のポイントを紹介します。

建築士・住宅設計士の転職で高収入やキャリア向上を目指す!役立つスキルと業界事情

建築士や住宅設計士は、堅調な住宅投資需要に支えられて売り手市場が続いてきました。活躍の選択肢も多く転職によって収入増やキャリアアップのチャンスもありますが、失敗しないためには転職動向を正しく知ることが大切です。本記事では、建築士や住宅設計士の方が転職の際に役立つ情報として、業界事情や活躍の分野、評価されるスキルや成功のポイントを紹介します。

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑