2020/10/30

工場長の転職で年収増・キャリアアップを目指す!転職事情や必須スキルと注意点をご紹介

工場長職は、工場の責任者として、ものづくりの専門技術と、組織運営のマネジメント能力が求められる重要な仕事です。工場長職は分野や規模によって待遇も働き方もさまざまで、転職で成功するには転職事情を知っておくことが欠かせません。本記事では、工場長職の方が転職する際に役立つ転職事情や、評価されやすいスキル、注意点や成功のポイントを紹介します。

工場長職の転職で知っておくべきポイント

工場長職の転職では、持っていると評価されるスキルがあり、分野によって待遇が異なります。転職の際は、こういった特性を知って正しく備えることが大切です。

現場組織を強化できる人材は重宝される

工場長として、現場組織を強化できる人材は重宝されます。 工場長職の主な役割は、生産管理や品質管理、安全管理などです。転職の際はそのためのスキルや実績があると評価されるのは間違いありません。しかし、生産や品質、安全に関する能力などは、工場長としていわば当たり前に求められる能力です。 むしろ、基本的なスキルがあることは前提として、現場のトップとして組織そのものを改革し、生産や品質のレベルを底上げできる人材こそ市場価値が高くなる傾向があります。転職の際は、例えば欠損率といった生産指標を改善した実績だけでなく、そのためにリーダーとして現場のメンバーをどう動かしたのかをアピールできると有利です。

規模や分野によって待遇・職務は異なる

同じ工場長職でも、規模や分野によって待遇や職務は大きく異なります。 まず工場長職の傾向として、事業規模や工場の規模が大きければ大きいほど好待遇になり、職務内容も生産管理や経営管理、人材マネジメントなど多岐にわたるのが普通です。 次に、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2020年)では産業別の平均給与額がまとめられていますが、製造業に限ると以下の分野は平均給与が高いという結果でした。 石油製品・石炭製品 化学工業 情報通信機械器具 輸送用機械器具 電子部品・デバイス・電子回路 一方、以下の分野は平均かそれ以下という結果です。 食料品 繊維工業 プラスチック製品 パルプ・紙・紙加工品 一般的に、平均年収が高い産業の方が工場長としての待遇アップが期待できます。転職で年収アップを希望するなら、上に挙げた分野から求人を探すのが有効です。

転職で評価される!工場長の年収増やキャリアアップにつながるスキル

転職では、企業側から求められるスキルや能力を知り、自身の実績も交えながらアピールすることが効果的です。ここでは、転職で年収改善やキャリアアップにつながりやすいスキルを紹介します。

生産管理能力

生産に関する管理能力は工場長職として最も重要なスキルの1つです。 工場長は、工場運営の責任者として、納期、品質、コストの基準を満たしながら、製品・部品をスムーズに生産するよう管理することが求められます。製造ラインの稼働維持や、品質検査の精度向上、安全管理の徹底などの施策は、安定的な生産を支えるための土台です。 ラインの管理や品質管理といった個別のスキルに優れていることはもちろん大切ではありますが、工場長として工場の生産量を維持し、なおかつ納期、品質、コストをクリアする総合力があると転職で評価されやすくなります。

経営管理能力

経営面の管理能力も必要です。経営とは、工場の売上やコスト、利益率といった業績指標を指します。 例えば、工場でのトラブルや人手不足などを防ぐことで、ラインに停滞がなく一定の生産量を維持することができれば売上は確保できるでしょう。また、不良品による廃棄ロスや在庫管理費用、機械稼働費、保守・メンテナンス費用、人件費などを見直せば無駄なコストを削減できることがあります。 工場長は、工場の責任者として生産、品質、安全などの管理能力だけでなく、指標を改善することで利益を増やしていく経営能力も欠かせません。

マネジメント・人材育成能力

組織トップとしてのマネジメント能力も重視されます。 工場長は、工場という部署における最高責任者であり、工場で働く役職者や従業員を統括する立場です。つまり、工場の生産面や業績面だけでなく、人材をマネジメントする能力も必要不可欠といえます。 工場の生産性や品質、安全性などは、そこで働くオペレーターの意識に左右されるものです。士気が高く協調性があればパフォーマンスは上がる一方、風土が悪ければ結果は出にくくなります。工場長として、良い組織風土作りや人材のスキルアップなどに成功した実績があると転職では評価が高くなるでしょう。

語学力

語学力もアピールポイントになるでしょう。 近年は生産拠点の海外化が当たり前になりつつあります。特に、中国、ベトナムをはじめ東南アジアなどに生産拠点を置くメーカーは少なくありません。そこで、現地採用の従業員とコミュニケーションを取ったり、あるいは現地の統括担当者として現地の工場長を務めたりといった仕事も増えています。 いずれにしても海外の関係者と仕事をするには語学を習得する必要があり、工場長の求人でも英語や中国語などが歓迎要件となっているケースも珍しくありません。海外拠点の工場長職は責任も大きいので、収入アップやキャリアアップにつながるケースもあり、転職において語学力をアピールするメリットは大きいといえます。

失敗を防ぐ!工場長職で転職する際の注意点とは?

工場長職は責任が重く、求められるスキルも様々なので、転職での失敗を防ぐためにはあらかじめ注意点を知っておくことが大切です。ここでは転職で気をつけたいポイントを紹介します。

高度な専門スキルが求められる

工場長職には高度な専門スキルが求められるので、転職では慎重に検討する必要があります。 まず、前提として工場にはあらゆる種類があり、規模も扱う製品・部品も様々です。工場のいちスタッフではなく工場長として活躍するには、その工場が扱う製品分野について専門知識を持っており、同じような現場での管理経験がなければなりません。 仮に経験がない分野の求人で内定にこぎつけたとしても、工場長補佐のようなポジションからのスタートとなり、工場長として働けるようになるには思いの外時間や労力がかかってしまう可能性もあります。

責任者としての幅広い経験・スキルが必要

工場長の責務は非常に多く、主に進捗、品質、安全といった生産面と、人事、労務といった組織面について対応する必要があります。 企業によっては、経営陣や関連部署、仕入れ先、クライアントといった社内外の各所との調整を工場長に一任することもあり、そのような場合はさらに幅広いスキルや経験が求められるでしょう。 転職の際は、幅広い経験やスキルがあることは前提として、転職先の会社では特にどのような役割を求めているのかを確認しておくとミスマッチを防ぎやすくなります。

会社によって風土や役割は異なる

会社の風土や、工場長に求める役割が異なる点にも注意が必要です。 工場は会社組織の一部なので、当然ながら工場での働き方や人材育成、報酬体系などにはその会社の風土や考え方が反映されます。 従業員を重視する企業であれば、労務管理や健康管理を徹底しており、労働環境の改善や人材育成にも熱心なことが普通です。そのような会社では、工場長にも安全管理や労務・健康管理、オペレーターとの密接なコミュニケーションといった対応を求めるでしょう。一方、業績にシビアな会社であれば、従業員のマネジメントよりも、コストや生産性といった数字を重視し、工場長にもそのための施策を求める可能性があります。 どちらが良い悪いではなく、転職の際は工場長としての理想像を整理し、それに近い理念を持つ会社を選ぶことが大切です。

工場長職の転職で成功するためのポイントとは?

工場長職とひと口にいってもさまざまな種類や業務内容があり、その中から自分に合う仕事を選ぶにはいくつか意識すると良いポイントがあります。

スキル・経験を活かせる会社を選ぶ

工場長職では自分のスキルやこれまでの経験を棚卸しした上で、強みを活かせる会社を選ぶことが大切です。 工場長としてのスキルには品質管理や生産性アップ、組織マネジメントなどさまざまな項目があります。会社によって求めるスキルは異なるので、自分の強みとマッチするかどうか確かめる作業は欠かせません。 先述のように製造業界でも産業別に分けると平均給与に大きな差があります。分野が異なるとしても、「同じ工場長職なので収入アップやキャリアアップが目指せるなら異分野の仕事にチャレンジしたい」という選択もあり得ます。ただし、その際はこれまでの経験や知識が本当に活かせるのか、見極めることが重要です。

転職における優先順位を整理する

転職では、求める優先順位を整理することも大切です。 工場長の転職にはさまざまな動機がありますが、より高い収入を得たいのか、キャリアアップのために新天地を求めるのか、あるいは50代などでベテランに差し掛かりこれまでの技術を若い経営者や技術者に還元したいのかによって、転職先の選び方は全く異なります。 仕事をする上での待遇、キャリア、やりがいといった軸をもとに、自分の希望を明確にしておくと転職先選びもスムーズです。

転職エージェントを活用する

転職エージェントに相談することも有効です。 工場長職は分野、規模、条件などが非常にさまざまで、工場長という多忙な仕事の中で自分に合う求人を探すことは簡単ではありません。また、そもそも優良な案件は非公開とされていることも多く、そういった情報はハイクラス案件を専門とする転職会社が抱えていることが多いのが現実です。 転職エージェントを活用すれば、自分の希望や経歴などのカウンセリングから、案件選び、条件交渉まで一貫してサポートを受けられます。工場長という責任あるポストの転職で後悔したくない方や、非公開の優良案件で高収入やキャリアアップを目指したいという方には効果的な選択肢です。

【サービス紹介】『転機』ではこれまでのご経験を活かせる、新たなキャリアの提供が可能です

ハイクラス・エグゼクティブの移籍を専門に手掛ける『転機』では、工場長職をはじめ、現場の第一線でご活躍中の方やご経験をお持ちの方に、その知見やノウハウ、卓越したリーダーシップや推進力を活かせる新たなキャリアをご提供します。 ・経験豊富なコンサルタントによるキャリア支援 ・経営幹部ポジションで年収1,000万円以上といった移籍先のご紹介 ・移籍先候補企業の経営者と、直接面談が可能 『転機』では優良な非公開案件を多数抱えており、会員者様には1人ひとりのキャリアや志向をもとに、ご経験を活かせる新たな移籍先を個別にご提案させていただきます。 ご興味をお持ちいただければ、会員登録(無料)をお願いいたします。ご経歴・ご経験に相応しい案件をご紹介いたします。 ※すべての方に求人をご紹介できるサービスではございません。あしからずご了承のほどお願いいたします。

工場長の仕事内容

工場長の仕事内容は、工場の最高責任者として、生産、品質、安全、納期、コストなど、工場内のあらゆる事柄を管理することです。また、工場運営にあたっては生産面だけでなく人材開発、組織管理、労務管理、環境整備といった管理業務も担当します。そのため、工場長職は生産のプロとして技術力や専門知識が求められることに加え、経営者や管理者の目線でマネジメント能力を発揮しながら工場の生産性を高めることが求められる仕事です。

工場長のやりがい

工場長は、工場という複雑な現場を管理し、同時に従業員のマネジメントも担当するため、高いスキルが要求されます。決して楽な仕事ではないからこそ、自分の施策によって組織が機能して高い生産性を実現できれば、その達成感は大きなものとなります。また、自分が担当する工場で生産されたものは、形があるものとしてクライアントや消費者のもとで役立つため、ものづくりの喜びもある仕事です。

会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

こちらの記事も読まれています。

建築士・住宅設計士の転職で高収入やキャリア向上を目指す!役立つスキルと業界事情

建築士や住宅設計士は、堅調な住宅投資需要に支えられて売り手市場が続いてきました。活躍の選択肢も多く転職によって収入増やキャリアアップのチャンスもありますが、失敗しないためには転職動向を正しく知ることが大切です。本記事では、建築士や住宅設計士の方が転職の際に役立つ情報として、業界事情や活躍の分野、評価されるスキルや成功のポイントを紹介します。

営業マネージャー・営業管理職の転職で収入アップ・キャリアアップするためのポイント

営業マネージャーや営業管理職は、部署の営業成績の責任者としての役割も多い一方、成果を出すと待遇にも反映されやすいという魅力があります。転職でさらなる活躍の場を求める際は、正しく転職事情を知ることが大切です。本記事では、営業マネージャーや営業管理職の方が会社から求められる役割や、転職時にアピールすべきスキル、高収入やキャリアアップにつながる3つのポイントを紹介します。

【事例付き】会社役員になるには?2つの目指し方と必要な実績・スキル

会社役員は一般従業員と比べて役割や責任が大きい分、高い収入が得られるポストです。役員になるには、内部昇格するか転職するという2通りの方法があります。役員を目指す際は、それぞれのメリットとデメリットを知った上で、チャンスを利用することが大切です。本記事では、役員の仕事内容や年収と求められるスキルを解説し、役員になる際に意識すべきポイントや実際の移籍事例を紹介します。

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑