2020/11/06

営業マネージャー・営業管理職の転職で収入アップ・キャリアアップするためのポイント

営業マネージャーや営業管理職は、部署の営業成績の責任者としての役割も多い一方、成果を出すと待遇にも反映されやすいという魅力があります。転職でさらなる活躍の場を求める際は、正しく転職事情を知ることが大切です。本記事では、営業マネージャーや営業管理職の方が会社から求められる役割や、転職時にアピールすべきスキル、高収入やキャリアアップにつながる3つのポイントを紹介します。

転職で重視される!営業マネージャーに求められる役割とは?

営業マネージャーの方が転職する際は、求められる役割を改めて整理しておくことが大切です。ここでは転職で重視されやすい、営業マネージャーの役割を紹介します。

科学的マネジメントの推進

営業マネージャーは、科学的なマネジメントを推進する役割が求められます。 かつて営業といえば、ノルマを掲げて目標を管理し、営業担当同士を競わせることで成果を出させるといったやり方が良しとされていました。気合いや努力といった精神論を現場に持ち込み、成果のためにプレッシャーをかける方法があったのも事実です。しかし、こういった管理方法は、極端な成果主義や個人プレーを招くという弊害もありました。 現在は、より再現性があり、中長期的な視点で営業担当者を育てる手法が注目されています。例えば、営業担当者の中には、そもそも目標管理や行動管理といった基本的なセルフマネジメントの方法を知らない人も少なくありません。そこで、マネージャーには、営業に不可欠なスキルを教育し、自己管理ができるようサポートするといった役割があるのです。 近年は目標管理手法として「OKR」(Objectives and Key Results:目標とそれを達成するための成果指標を管理する手法)や「MBO」(Management By Objectives:社員1人ひとりの目標を組織目標と連動させながら達成度を管理する手法)といったテンプレート化された方法もあり、これを営業管理に応用することも注目されています。

デジタル技術の活用

営業管理にデジタル技術を導入することも重要な役割です。ビジネスにITシステムが欠かせない時代において、営業現場でもシステムの役割は大きくなりつつあります。 そもそも、営業管理を人の力だけで行うのは困難です。例えば、営業担当者の経験や勘といった属人的な基準で営業を行わせるという現場もありますが、これは効果測定が難しく再現性も乏しいという問題があります。また、営業は単独で外に出ることも多いので、どのように部下の行動を観察するかという点も課題です。 しかし、現在は営業に役立つツールが次々と生まれています。例えば、クラウド型の目標管理シートを使えば、営業担当者は進捗や取り組み状況を入力しやすくなり、マネージャーもリアルタイムでのKPI管理が可能です。また、クラウド型のグループウエアを使えば、いつどこにいてもモバイル端末から社内の情報にアクセスできるので、グループチャットや資料の共有、商談履歴の記録などができます。 このように、管理者として営業現場で役立つツールを導入し、生産性アップを実現できれば転職市場での評価は高くなるのです。

テレワーク時代への対応

テレワーク時代に対応することも大きな役割です。 2020年は新型コロナウイルスによって働き方が大きく変わり、営業現場においてもテレワークやオンライン商談への移行が進みました。遠隔での営業活動は感染症対策につながるので、今後も直接対面ではなくオンラインでの面談というスタイルが主流になっていくことが見込まれます。営業マネージャーとしては、こういった営業スタイルにスムーズに移行させることが重要です。 また、営業マネージャーはテレワーク時代に即した管理方法を導入することも求められます。テレワークが主流になると、部下と直接顔を合わせる機会が減るため、どうしても管理の精度が落ちてしまいかねません。そこで、オンラインで打ち合わせする頻度を増やしたり、グループウエアなどを活用してこれまで以上に密接にコミュニケーションを取ったりといった対策が必要です。

営業マネージャーへの2つのキャリアパスと転職時の強み・弱み

営業マネージャーになるルートは、営業経験者が昇格するパターンと別部門の管理職から横滑りするパターンの2つがあります。それぞれ転職時にアピールすべきポイントは異なるため、キャリアパスごとに強みと弱みを知ることが大切です。

営業パーソンから管理者に昇格した場合

営業担当者から営業マネージャーに昇格した場合は、営業の現場を熟知しており、営業スキルも高いという強みがあります。営業担当者特有の考え方にも詳しいので、モチベーションを高めるにはどうすればよいのか、どのようなことで悩み、解決するにはどうすればよいのかなど、具体的なアドバイスが可能です。 一方、管理スキルについては課題もあります。営業マネージャーは、トップセールスマンがなることも多いですが、優秀なプレイヤーが必ずしも優秀なマネージャーになるとは限りません。例えば、自分の成功体験があるため、他の考え方を持つ部下の強みを伸ばすことが難しい可能性もあります。そこで、マネージャーとしての成功実績もあれば、転職時には有利です。

管理職経験を生かして営業管理職に就いた場合

別部門の管理職から営業部門のマネージャーに横滑りした場合は、異なる分野での管理経験があるため、管理職としての能力が高いという強みがあります。管理職は数人から数十人の管理や育成を担当することがありますが、当然ながら部下の考え方や個性はさまざまです。 管理職としては数多くの部下と向き合った経験があると、マネジメントの手法も洗練され視野が広くなります。そういった管理経験は営業部門でも役立つため、転職時のアピール材料として有効です。 一方、営業経験が少ない場合は不安材料と見なされる可能性があります。その場合は、マネージャーとして部下の成績をどのように改善させてきたのかをアピールし、また自身の営業実績があればしっかり訴求することが大切です。

営業マネージャーが転職で年収アップするために必要なスキル

営業マネージャーの方が年収アップを目指すためには、営業部門の業績を高められるかどうかが最も重要なポイントです。ただし、営業マネージャーとして活躍するには他にも欠かせない要素があり、転職の際はそういったスキルも訴求すると高待遇につながりやすくなります。

プレイヤーとしての営業スキル

営業部門の管理職として、営業スキルは必要です。 営業マネージャーは、部下に営業のノウハウや基礎的なスキルを教育する立場です。営業で成果を出すには、アポイントの取り方や、顧客を引きつける資料作成方法、クロージングへの自然な導き方など、さまざまなコツがあります。マネージャーは、こういったテクニックを部下に教育できなければなりません。 また、プレイングマネージャーとして営業の実務を担当するケースもあります。特に大きな案件などに同行する場合には、営業スキルが必須です。

マネージャーとしての人材管理スキル

マネジメントスキルも評価される項目です。一般的に、営業マネージャーが特に管理するべきポイントとしては以下の4つが挙げられます。 - 目標 - 行動 - 案件・顧客 - モチベーション 営業の最大の目的は契約を獲得することなので、そのための目標管理は不可欠です。また、成約のためにはそれに向けた行動も管理しなければなりません。また、案件の成約率を高めるにはマネージャーとして個別案件の進捗を把握しておくことも大切です。そして、部下を動かすためにはモチベーションを高めることが欠かせません。 これら4つのポイントについてバランスよくマネジメントができる人材は市場価値が高くなります。

組織運営スキル

部署の責任者として、組織を運営するスキルがあると転職市場での評価は上がります。 例えば、人事評価制度の適正化です。成果や努力が正しく評価され待遇に反映される仕組みを構築できれば、部下のやる気を引き出し、営業成績の向上につながるでしょう。 また、個々人の力を引き出し、同時に組織としての相乗効果を発揮させるには、誰をどのようなポジションに配置するのかといった組織の構築力が求められます。 さらに、テレワーク時代においてはツールの導入など、部下が働きやすいような環境をスピーディに整備できると有利です。

他部門との調整スキル

その他に評価されやすいのは他部門との調整能力です。 例えば、企画部門が特に力を入れて販売したい製品がある場合、営業マネージャーはしっかり連携を取らなければなりません。また、プロモーション戦略と営業戦略で相乗効果を発揮するには、マーケティング部門とのすり合わせも必要です。さらに、メーカー営業などであれば納期や数量について製造部門とあらかじめ調整しておくこともマネージャーの役割です。 このように、営業マネージャーは営業面だけでなく、関係各所と連携する力もあると評価されるのです。

営業マネージャーの転職で成功するためのポイント

営業マネージャーの方が転職で失敗しないためには、強みを生かせることと、経営方針に共感できることが大切です。ここではそれぞれ具体的に解説します。

スキル・経験を活かせる会社を選ぶ

自分のスキルや経験など、強みを生かせる会社を選ぶことが大切です。 営業マネージャーとして転職する場合は、分野や役職などさまざまな選択肢があります。これまで機械系の製品を扱ってきたのであれば同じ分野で活躍できる可能性が高く、管理だけでなく商談も得意なのであればプレイングマネージャーのポストが有利です。 自分の強みを求めている職場であれば高収入や高い役職が期待でき、活躍のチャンスも広がります。転職で成功するにはこれまでの経験やスキルを洗い出しておくことが不可欠です。

経営者の考え方に共感できる会社を選ぶ

経営者の考え方や、組織風土に共感できる会社を選ぶこともポイントです。 営業部門は経営陣の考え方が強く反映されやすいという特徴があります。信頼関係を構築して長期的な取引を目指すのか、あるいはとにかく成約件数を伸ばしたいのかなど、会社の方針はさまざまです。 営業マネージャーも、長期的な人材育成をしたいのか、あるいは積極的に案件を獲得したいのかなど、人によって考え方は分かれます。営業マネージャーの求人には、営業部門のトップを募集するものもありますが、経営者と営業マネージャーとの間で考え方が根本的に合致しない場合、双方にとって不幸な結果につながりかねません。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することも成功につながります。 営業マネージャーの転職では、これまでの経験を振り返り、得意分野やスキルといった強みを洗い出す作業が必要です。また、数多くの求人案件の中から自分に合う案件を絞るのは時間や労力など多くのコストがかかるのは避けられません。 転職エージェントに相談すれば、カウンセリングを通じて客観的に自己分析をした上で、非公開も含む優良案件の中から希望に合う求人の提案が受けられます。経営者との面談の調整や条件交渉も可能なので、満足度の高い結果につながりやすいのです。

【サービス紹介】『転機』では営業マネージャー・営業管理職の求人を数多く扱っています

営業マネージャー・営業管理職は、営業成績に責任を持ち、マネジメントや人材教育など役割も多い仕事ですが、部門の業績を高めることで自身の待遇アップや昇格などを期待できる仕事です。 ハイクラス・エグゼクティブの移籍を専門に手掛ける『転機』では、営業マネージャー・営業管理職をはじめ、責任ある役職でご活躍中の方やご経験をお持ちの方に、その知見やノウハウ、卓越したリーダーシップや推進力を活かせる新たなキャリアをご提供します。 ・経験豊富なコンサルタントによるキャリア支援 ・経営幹部ポジションで年収1,000万円以上といった移籍先のご紹介 ・移籍先候補企業の経営者と、直接面談が可能 『転機』では優良な非公開案件を多数抱えており、会員者様には1人ひとりのキャリアや志向をもとに、ご経験を活かせる新たな移籍先を個別にご提案させていただきます。 ご興味をお持ちいただければ、会員登録(無料)をお願いいたします。ご経歴・ご経験に相応しい案件をご紹介いたします。 ※すべての方に求人をご紹介できるサービスではございません。あしからずご了承のほどお願いいたします。

営業マネージャー・営業管理職の仕事内容

営業マネージャー・営業管理職は、営業部門や営業所で営業成績について責任を持つ仕事です。主な業務としては、営業成績の管理、部下の案件のサポート、部下の育成、組織運営、環境整備などがあります。 営業チームの責任者として業績を高めることが最重要課題ですが、それ以外にも人材教育や人事制度の構築、他部門との連携も欠かせない職務です。

営業マネージャー・営業管理職のやりがい

営業マネージャー・営業管理職は、営業チームの責任者として、人材採用や教育を実施した結果、部下が成長したり、自身が取り入れた施策によって組織のモチベーションが向上し、実際に業績も上向いたりした場合は大きな達成感を得られます。 また、営業部門は成績が重視されるため、成果を出すと報酬アップやキャリアアップにつながりやすいという点も魅力です。

営業マネージャー・営業管理職のやりがい

営業マネージャー・営業管理職は、営業チームの責任者として、人材採用や教育を実施した結果、部下が成長したり、自身が取り入れた施策によって組織のモチベーションが向上し、実際に業績も上向いたりした場合は大きな達成感を得られます。 また、営業部門は成績が重視されるため、成果を出すと報酬アップやキャリアアップにつながりやすいという点も魅力です。

会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

「営業マネージャー・営業管理職」の求人案件例

124
 
 
1

SI・ソフトウェア開発 CMO候補 役員・役員候補 年収3000万円

  • 年収:~3000万円
  • ミッション:CMO候補として、マーケティング戦略の立案・策定だけでなく、マーケティング施策の実行やマネジメント業務などをお任せします。また、ニーズの高まっている海外事業の強化にも携わっていただきます。
  • ミッション:CMO候補として、マーケティング戦略の立案・策定だけでなく、マーケティング施策の実行やマネジメント業務などをお任せします。また、ニーズの高まっている海外事業の強化にも携わっていただきます。

SI・ソフトウェア開発 CTO候補 役員・役員候補 年収3000万円

  • 年収:~3000万円
  • ミッション:CTO候補として、技術戦略および開発方針の策定・実施を担っていただきます。また、技術・開発のトップとしてだけでなく、社長の右腕として事業推進も主導していただきます。
  • ミッション:CTO候補として、技術戦略および開発方針の策定・実施を担っていただきます。また、技術・開発のトップとしてだけでなく、社長の右腕として事業推進も主導していただきます。

不動産(住宅) 常務取締役候補 役員・役員候補 年収2500万円

  • 年収:~2500万円
  • ミッション:今後の事業拡大に向けて、全社的な事業計画の策定・推進を主導していただきます。
  • ミッション:今後の事業拡大に向けて、全社的な事業計画の策定・推進を主導していただきます。

運輸業 副社長候補 役員・役員候補 年収2500万円

  • 年収:~2500万円
  • ミッション:社長の右腕として経営全般をお任せします。社長と共に将来ビジョンの決定・推進や今後の事業を牽引していただきたいです。
  • ミッション:社長の右腕として経営全般をお任せします。社長と共に将来ビジョンの決定・推進や今後の事業を牽引していただきたいです。

化粧品メーカー COO候補 役員・役員候補 年収1800万円

  • 年収:~1800万円
  • ミッション:COO候補として、上場準備および売上100億円達成に向けた施策の策定・実行を担っていただきます。また、新商品の企画、海外事業の活性化や管理部門全体のオペレーション改善もお任せします。
  • ミッション:COO候補として、上場準備および売上100億円達成に向けた施策の策定・実行を担っていただきます。また、新商品の企画、海外事業の活性化や管理部門全体のオペレーション改善もお任せします。

建設・不動産 CFO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:M&A、資産運用、子会社売却、プライベートエクイティなど、今後の積極的な経営を牽引していただけるCFO候補として活躍していただきます。また、数年以内に予定しているIPOの準備・推進もお任せします。
  • ミッション:M&A、資産運用、子会社売却、プライベートエクイティなど、今後の積極的な経営を牽引していただけるCFO候補として活躍していただきます。また、数年以内に予定しているIPOの準備・推進もお任せします。

SI・ソフトウェア開発 コンサルタント その他 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:中堅中小企業対象のシステム部門の業務代行、情報システム事業のコンサルティング。クライアントの課題ヒアリング、施策立案・提案・実行まで、100名前後の企業向けプロジェクトを推進していただきます。
  • ミッション:中堅中小企業対象のシステム部門の業務代行、情報システム事業のコンサルティング。クライアントの課題ヒアリング、施策立案・提案・実行まで、100名前後の企業向けプロジェクトを推進していただきます。

電子機器メーカー CTO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:技術部門の最高責任者として、当社の主力製品であるリチウムイオン電池の研究・開発を牽引していただきます。
  • ミッション:技術部門の最高責任者として、当社の主力製品であるリチウムイオン電池の研究・開発を牽引していただきます。

SI・ソフトウェア開発 CFO候補 役員・役員候補 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:新たに作成する中期経営戦略をもとにした財務計画の立て直しや、数年後の上場に向けて管理部門の体制を強化していただきます。
  • ミッション:新たに作成する中期経営戦略をもとにした財務計画の立て直しや、数年後の上場に向けて管理部門の体制を強化していただきます。

小売業(日用品) 海外事業責任者 部長クラス 年収2000万円

  • 年収:~2000万円
  • ミッション:海外事業の責任者として、現在日本全国で展開している医療・福祉施設向けの日用品販売事業を新たに海外で立ち上げ、運営していただきます。
  • ミッション:海外事業の責任者として、現在日本全国で展開している医療・福祉施設向けの日用品販売事業を新たに海外で立ち上げ、運営していただきます。
124
 
 
1
  • 業種
  • 従業員数
  • 社長の特徴

 
会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

こちらの記事も読まれています。

AIエンジニアの転職で成功するには?転職事情と高収入・キャリアアップに役立つスキル

AIエンジニアは、AIの活用がIT産業のみならず医療や製造など幅広い分野に広がるにつれて、高待遇のポストも多くなり活躍の場も広がりつつあります。豊富な選択肢がある中、AIエンジニアが転職で失敗しないためには、転職市場を理解して正しく準備することが大切です。本記事では、AIエンジニアの方に役立つ転職事情や、平均年収、優遇されるスキルや転職で成功するポイントを紹介します。

大手からベンチャー企業への転職で後悔しない!失敗を防ぐための注意点と成功のポイント

ベンチャー企業は裁量権の大きさや成長性といった魅力がある一方、大手・中堅企業から転職すると入社後にギャップを感じるケースもあります。ベンチャー企業へ転職して、収入の確保やキャリア形成などに失敗しないためには、あらかじめベンチャー企業の事情を知り、正しく備えることが不可欠です。本記事では、ベンチャー企業への転職で失敗するパターンや成功しやすい人の特徴を紹介し、会社選びの方法や大手から移籍する場合の注意点を解説します。

ベンチャー企業の役員に転職する魅力・注意点や成功のポイント

ベンチャー企業の役員職は、経営ビジョンを共有した仲間と働くことができ、大きな裁量権を得られる一方、業績の安定化や社内体制の整備といった課題もあります。役員として転職する際は、ベンチャー企業で働くメリットやデメリットを知り、慎重に判断することが大切です。本記事では、ベンチャー企業の役員として働く魅力や注意点、年収目安や活躍の要件を紹介します。

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑