2020/12/03

【年齢別】転職のベストなタイミングはいつ?チャンスを活かす転職活動の進め方

転職を検討している時は、「ベストなタイミングはいつなのか?」と悩むものです。実は転職においてはタイミングが非常に重要で、タイミングが良ければ好条件のオファーを獲得しやすく、タイミングが悪ければチャンスを逃す可能性があります。本記事では、多くの人が転職を検討し始める場面を年齢別に紹介し、それぞれベストな転職の進め方を提案。さらに、早いタイミングで行動するべき理由や、タイミングを活かす転職活動の進め方を紹介します。

年齢別!転職を考える場面とベストな転職タイミング

長いキャリアでは、転職を考えていても、「今がベストなタイミングなのか分からない」と迷うこともあります。転職ではタイミングも重要なので、転職しようか悩んでいる時は、転職の動機や職場環境などを洗い出し、「そのタイミングは良いのかどうか」を探ることが大切です。ここでは多くの人が転職を考える場面を紹介し、タイミングについての考え方を解説します。

30代

30代では、年収や役職といった条件面や職場環境が転職を考えるきっかけになることがあります。

条件面が転職の動機になるのは、適正な人事評価が行われておらず、待遇にも不満があるという時です。例えば、同期よりも自分の方が成果を出しているのに待遇に差がつかない場合は、能力や努力が報われていると感じられず、不満の原因になります。

職場環境が転職の動機になるのは、長期的なキャリアプランを描きづらい場合です。例えば、活躍している先輩が次々に退職しているのを見た時は、転職を考えてしまうこともあるでしょう。

30代でこのような場面に当たった場合は、「評価・報酬体系は本当に適正か」、「理想の将来像を現職で実現できるか」といったポイントを検討することが大切です。他に魅力的な会社があれば、それが良い転職のタイミングの可能性があります。

40代

40代では、収入面やポストなどが転職を検討するきっかけになることがあります。

40代は、住宅の購入や子どもの養育など、大きな出費が増える時期です。たとえ仕事内容や職場環境に満足していたとしても、現職の収入に不安があれば、さらに条件の良い求人が気になり、移籍を検討することがあります。

また、40代は一通り業務を経験して管理職に就いている人も多く、今後もそのポストを維持するのか、あるいは経営幹部などの高みを目指すのかの分岐点となる時期です。さらなるキャリアアップを目指すために転職を検討する人もいます。

会社によって人事報酬体系は大きく異なり、環境次第では一定水準以上の収入を望めないのが現実です。また、ポストも会社によっては上が詰まっておりチャンスが少ないこともあります。40代は業務経験があり即戦力人材も多く、優秀な人材であれば高い待遇・上位ポストで迎えようとする会社は少なくありません。良いオファーがあれば、転職を選ぶのは合理的な選択だといえそうです。

50代

50代では、仕事におけるやりがいが転職を考えるきっかけになることがあります。

近年は定年退職の年齢を延長する会社も現れてきていますが、それでも定年を60歳に維持していたり、50代になると「役職定年」として自動的に役職を解いたりする会社も多いのが実情です。まだまだ現役で働ける人材にとっては、役職定年や定年退職はやりがいも収入も失われることになり、物足りなさが残ります。

しかし、世の中を見渡すと経験豊富な50代を積極的に迎えようとする会社は多く、経営幹部や事業部門のリーダーなど責任あるポストに移籍して活躍している人も多いのです。「子どもも独立して自由度が増えた今、リタイアまでの残り10年から15年で腰を据えて何かを成し遂げたい」という場合は、転職するベストなタイミングの可能性があります。

転職において早いタイミングで行動する4つのメリット

上記では転職を考えるきっかけを年齢別に紹介しましたが、実際は年齢を問わず収入アップやキャリアアップ、やりがいの向上という点でも、「転職を思いついた時が最高のタイミング」である場合が多いものです。ここでは転職を考えた場合に、早いタイミングで行動するメリットを4つ紹介します。

チャンスを活かせる

まず、早めに行動すればその時のチャンスを活かしやすいというメリットがあります。

転職では巡り合わせが非常に重要です。単に高収入の仕事や希望する内容の仕事を探すだけなら要件を満たす求人が見つかる可能性はありますが、収入や仕事内容だけでなく、ポストややりがいといったさまざまな要件を満たすオファーはそう簡単に巡り合えるものではありません。

探している時期が遅ければ優良案件が見つけられないこともあり、決断が遅ければ別の人材に先を越されてしまうこともあるように、タイミングが悪ければチャンスを逃す可能性があります。一方、早めに情報収集して決断できる準備を整えておけば、貴重なチャンスを活かすことができるのです。

万全の準備が可能

早めに行動しておけば、万全の準備をすることができます。

転職ではさまざまな準備が必要で、特にお世話になった前職に対しては迷惑をかけないように配慮しておきたいものです。転職では上位ポストであればあるほど、事業戦略上の理由などでスケジュールを動かせないため、「この日までに必ず入社して欲しい」という期限が決まっています。

しかし、良い縁だと分かっていながら決断を先延ばしにしてしまうと、決断から入社までの期間が短くなり、前職の引き継ぎの時間が十分に取れなくなってしまう可能性があるのです。一方、早いタイミングで決断すれば、引き継ぎだけでなく、移籍先の業界や事業などについてのリサーチや、引っ越しといった諸々の手続きも余裕を持って対応できます。

移籍後すぐに活躍できる

移籍後にすぐに活躍できる点もメリットです。

一般的に、会社が求人を出す場合は、すぐにその人材に来て欲しいと思っているケースが多くあります。また、重要ポストの場合は、その人材を迎えることを前提にプロジェクトや拠点を立ち上げる予定を組み、メンバーのアサインなども済ませておくケースも珍しくありません。

仮にタイミングが悪く入社時期が遅れてしまうと、もともとの予定が立ち消えになって移籍しても当分仕事がないか、あるいは別の人材にオファーが行く可能性もあります。しかし、早めに行動することで、どのタイミングでも移籍できるよう備えておけば、良いタイミングで移籍し、スムーズに仕事に着手できるのです。

長期的な恩恵が大きい

早く移籍すれば、移籍先で得られる恩恵が長期的に見て大きくなる点もメリットです。

より報酬が高い会社に転職する場合、早く転職すればその分、現職の賃金との差額分がプラスになります。例えば、現職よりも1月当たりの収入が10万円高い会社に転職する場合、10カ月早く転職すれば100万円も多く得られるのです。その他、早く転職すればその分活躍するのも昇給するのも早くなるため、生涯賃金に大きな差が生まれます。

また、成長できる会社に移籍する場合も同様です。早く移籍すればその分多くの成長機会があるため、長期的なキャリア形成もしやすくなります。

決断は難しい?転職のタイミングを逃すケースと解決法

転職で良いタイミングを掴むためには早めの行動が大切です。しかし、現実にはさまざまな事情ですぐに転職するのが難しく、悩んでしまう人も少なくありません。ここでは転職の決断をする上での課題と、それに対する考え方のヒントを紹介します。

プロジェクトが途中

1つ目は、抱えているプロジェクトが途中だというケースです。

他社からもオファーがかかるような優秀な人材ほど、重要なプロジェクトに携わっており、プロジェクトリーダーなどの中核的な役割を任されています。プロジェクトが近く完結する予定であれば転職の決断もしやすいですが、まだ続く場合は途中で投げ出すことに抵抗を感じる人も少なくありません。

ただし、このような責任感は仕事をする上で重要ですが、プロジェクトの担当者が途中で変更になるのはビジネスにおいて珍しくないことです。確かに前触れなくいきなり退職すると現場は混乱しますが、1~2カ月の期間を設けてしっかりと後任者に引き継ぎをしておけば問題はありません。

会社組織は誰かが欠けても機能するようになっていますが、自分にとっての転職のタイミングは「その時を逃すと次はいつ来るか分からない」というものなのです。

人事異動を待ちたい

2つ目は、人事異動を待ちたいというケースです。

やりたい仕事内容やさらに上位の役職を目指すために転職を考える人は多くいます。ただし、転職する場合は、転職先で希望の職に就ける可能性はあるものの、組織風土との相性や将来性など、不確実な要素があるのは事実です。

一方、現職に残れば会社の内情をすでに知っているので、「内部を知らない」というリスクはありません。さらに、人事異動によって将来的に希望が叶う可能性があるような場合には、現職で粘ることを選択する人もいます。

しかし、転職は巡り合わせが大切で、良いオファーは何度も来るものではありません。確かに転職には不確実な要素もありますが、実際には新天地でチャンスを掴んでいる人も多く存在します。仮に、半年後や1年後に希望の人事異動が叶うことが濃厚なのであれば現職に残るのも有効です。しかし、5年や10年も先になるような場合は、今後数年間現職で働く場合と、目の前にあるチャンスに挑戦する場合について、それぞれメリットとリスクを比べてみましょう。その結果、現職に残るのが安全だと思っていたものの、タイミングを活かして転職する方が後悔がないという判断になることもあります。

現職に恩義がある

3つ目は、現職に対する恩義です。

責任感が強い人や優秀な人ほど現職に対する恩義が強く、「この会社でもっと貢献したい」、「ここまで育ててもらった会社を裏切れない」といった思いを持っています。このような思いが理由で転職に踏み切れないという人は多いものです。

ただし、会社に対する恩返しの方法は1つではありません。例えば、現職で大きな実績を挙げた人なら「これまでの実績によって、育ててもらった以上の働きをした」と考えることができます。また、別の会社でも活躍することで、「あらゆる場面で活躍できる優秀な人材を輩出できる会社」として前職の評判を高めることも可能です。場合によっては、転職先で前職と取引することで利益をもたらすという方法もあります。

タイミングを活かす転職活動の進め方

転職活動ではタイミングを活かすことが大切だと紹介してきましたが、貴重なチャンスを無駄にしないためにはいくつかのポイントを意識することが役立ちます。

行動を先延ばしにしない

まずは、無闇に行動を先延ばしにしないことが大切です。

別の会社からオファーがある場合、それが良い話であるほど巡り合わせの要素が強く、そのタイミングを逃してしまうと今後同じような案件が見つからない可能性もあります。

転職で成功している人は、良い決断をしているだけでなく、良いタイミングで選んでいることが多いものです。チャンスを最大限活かすには、「長期的に見て何が自分にとってプラスになるのか」を判断することが役立ちます。

キャリアの判断軸を整理する

自分の仕事における判断軸を整理することも重要です。

仕事を選ぶ時の判断軸には、仕事内容、やりがい、裁量の大きさ、待遇、ワークライフバランス、成長など、さまざまな要素があります。自分にとってどの判断軸の優先順位が高いのかを知っておけばキャリアにおいて納得した決断ができますが、判断軸が曖昧なままでは後悔につながりかねません。

この判断軸は人によって異なり、自分が重視している項目を整理しておくことが、転職のタイミングを活かすためにも役立ちます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントに相談すれば、カウンセリングを通じてスキル・経験や自分の希望を洗い出し、プロの立場から転職で成功するためのアドバイスを受けられます。最適なタイミングがいつなのか検討している場合や、良い転職先がないか探している場合のどちらも、有益な助言が得られます。

また、転職エージェントは公開案件だけでなく非公開の優良案件も抱えており、本人の希望や能力を踏まえた上で、数ある中からその時のベストな案件を提案することも可能です。結果的に良いタイミングで転職することができ、満足な結果につながりやすくなります。

【サービス紹介】『転機』ではこれまでのご経験を活かせる、新たなキャリアの提供が可能です

ハイクラス・エグゼクティブの移籍を専門に手掛ける『転機』では、第一線でご活躍中の方やご経験をお持ちの方に、その知見やノウハウ、卓越したリーダーシップや推進力を活かせる新たなキャリアをご提供します。

・経験豊富なコンサルタントによるキャリア支援
・経営幹部ポジションで年収1,000万円以上といった移籍先のご紹介
・移籍先候補企業の経営者と、直接面談が可能

『転機』では優良な非公開案件を多数抱えており、会員者様には1人ひとりのキャリアや志向をもとに、ご経験を活かせる新たな移籍先を個別にご提案させていただきます。

ご興味をお持ちいただければ、会員登録(無料)をお願いいたします。ご経歴・ご経験に相応しい案件をご紹介いたします。

※すべての方に求人をご紹介できるサービスではございません。あしからずご了承のほどお願いいたします。
会員登録

会員様のご経歴に応じて、特別案件としてお知らせしております。
※会員登録は無料です。

こちらの記事も読まれています。

セカンドキャリアで女性が管理職として成功する方法とは?現状の課題と役立つスキル・経験

女性活躍を推進する法整備をはじめ、セカンドキャリアで管理職や役員を目指す女性を後押しする動向が広がりつつあります。しかし、会社側の制度や組織風土の整備には時間がかかり、女性が働きやすい環境作りには課題があるのも事実です。本記事では、セカンドキャリアで転職して管理職や役員として活躍することを目指す女性に向けて、女性役職者をめぐる現状や課題、働きやすい会社の特徴や役立つスキル・経験を紹介します。

ベンチャー企業の役員に転職する魅力・注意点や成功のポイント

ベンチャー企業の役員職は、経営ビジョンを共有した仲間と働くことができ、大きな裁量権を得られる一方、業績の安定化や社内体制の整備といった課題もあります。役員として転職する際は、ベンチャー企業で働くメリットやデメリットを知り、慎重に判断することが大切です。本記事では、ベンチャー企業の役員として働く魅力や注意点、年収目安や活躍の要件を紹介します。

管理職の転職が難しい4つの理由と転職するメリット、デメリットとは?

管理職の転職は、一般的に求人探しなどが難しい一方、キャリアの選択肢が広がり、裁量権や収入のアップも期待できます。本記事では管理職の仕事や求められるスキルを振り返った上で、転職のメリットやデメリットを紹介します。

 ここから先は会員のみご利用になれます。

■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

■既に会員の方は、ログインしてください。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

退会手続きを行う場合はログインが必要です。

↑