記事コンテンツ一覧

記事コンテンツ一覧

人事職転職で40~50代が年収増・キャリアアップを目指すには?有利なスキル・経験や転職事情を解説

人事職は、人材採用や人事評価、人材開発などいくつもの業務分野があり、さまざまなスキルや知識が必要とされます。人事職は経営に近く責任も大きい仕事なので、特に40代や50代で転職する場合は高い収入やキャリアアップを目指すことが可能です。ただし、会社によって人事職の業務や役割が異なるため、転職の際はあらかじめ転職事情を知っておくことが欠かせません。本記事では、人事職として40代や50代の方が転職する際に有利な経験・スキルや、成功のポイントを紹介します。

産業機械営業の転職で待遇向上やキャリアアップ!業界事情や求められるスキル・経験と注意点を解説

産業機械の営業職は高額で専門的な製品を扱います。そのため、営業スキルと専門知識、コスト管理能力など様々なな能力が求められますが、その分やりがいもある仕事です。産業機械は、商材も分野も多岐にわたるため、スキルや経験を活かせるフィールドに転職することで高収入やキャリアアップを目指せます。本記事では、産業機械の営業職として転職に成功するポイントを紹介します。

ITコンサルタントの転職で高年収・キャリア向上を目指す!業界事情・年収や必要なスキルを解説

ITコンサルタントは、技術的な知見や営業スキル、プロジェクト管理能力などさまざまなスキルが必要です。業務領域も幅広い職種で、IT戦略の立案からセキュリティ強化まで様々です。ITコンサルタントとして転職し、収入増やキャリアアップを目指すには、転職事情を理解しておくことが欠かせません。本記事では、ITコンサルタントの主な業務領域や平均年収、待遇の傾向、必要なスキル、転職に成功するポイントを紹介します。

機械設計エンジニアの転職でキャリアアップ・年収アップするには?業界事情や平均年収と活躍の要件

機械設計エンジニアは、設計職としての基礎的なスキルに加えて、分野ごとの専門的な知見が求められる特殊な仕事です。そのため、転職する際には転職先でも活躍できる要件を知り、正しく準備しておくことが欠かせません。本記事では、機械設計エンジニアの転職事情や平均年収を紹介し、活躍しやすいエンジニアの特徴やキャリアアップ・収入増につながるポイントを解説します。

建築士・住宅設計士の転職で高収入やキャリア向上を目指す!役立つスキルと業界事情

建築士や住宅設計士は、堅調な住宅投資需要に支えられて売り手市場が続いてきました。活躍の選択肢も多く転職によって収入増やキャリアアップのチャンスもありますが、失敗しないためには転職動向を正しく知ることが大切です。本記事では、建築士や住宅設計士の方が転職の際に役立つ情報として、業界事情や活躍の分野、評価されるスキルや成功のポイントを紹介します。

薬剤師転職で高収入・キャリアアップを目指したい!業界事情や仕事の種類と成功のポイント

薬剤師は診療報酬改定や大手チェーンの業界再編などさまざまな動向があり、転職の際は正確な情報収集と自己分析が役立ちます。近年は薬剤師としての専門性や対人スキル、経営能力などが転職において評価されることも多くなっており、転職ではスキルの洗い出しも大切です。本記事では薬剤師の転職事情を解説し、年齢ごとの強み・弱み、仕事の種類や転職で成功するためのポイントを紹介します。

コロナ時代の転職で成功するには?転職市場の変化や必須スキルを紹介

コロナ時代を迎え、業績が拡大している産業と苦境に陥っている産業に二極化したり、求められる人材が変化したりなど、転職市場も大きな影響を受けています。Withコロナ・Afterコロナ時代において転職で収入アップやキャリアアップを目指すなら、現状を知り、正しく備えることが大切です。本記事では、新型コロナによる転職市場の変化や、積極採用している企業と注目されるスキル、転職で成功するポイントを紹介します。

AIエンジニアの転職で成功するには?転職事情と高収入・キャリアアップに役立つスキル

AIエンジニアは、AIの活用がIT産業のみならず医療や製造など幅広い分野に広がるにつれて、高待遇のポストも多くなり活躍の場も広がりつつあります。豊富な選択肢がある中、AIエンジニアが転職で失敗しないためには、転職市場を理解して正しく準備することが大切です。本記事では、AIエンジニアの方に役立つ転職事情や、平均年収、優遇されるスキルや転職で成功するポイントを紹介します。

大手からベンチャー企業への転職で後悔しない!失敗を防ぐための注意点と成功のポイント

ベンチャー企業は裁量権の大きさや成長性といった魅力がある一方、大手・中堅企業から転職すると入社後にギャップを感じるケースもあります。ベンチャー企業へ転職して、収入の確保やキャリア形成などに失敗しないためには、あらかじめベンチャー企業の事情を知り、正しく備えることが不可欠です。本記事では、ベンチャー企業への転職で失敗するパターンや成功しやすい人の特徴を紹介し、会社選びの方法や大手から移籍する場合の注意点を解説します。

ベンチャー企業の役員に転職する魅力・注意点や成功のポイント

ベンチャー企業の役員職は、経営ビジョンを共有した仲間と働くことができ、大きな裁量権を得られる一方、業績の安定化や社内体制の整備といった課題もあります。役員として転職する際は、ベンチャー企業で働くメリットやデメリットを知り、慎重に判断することが大切です。本記事では、ベンチャー企業の役員として働く魅力や注意点、年収目安や活躍の要件を紹介します。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
  •  ここから先は会員のみご利用になれます。

    ■会員登録がお済みでない方は、下記からご登録ください。

    ■既に会員の方は、ログインしてください。

    退会手続きを行う場合はログインが必要です。

    退会手続きを行う場合はログインが必要です。

    ↑